命がけで訴えたもの―一、胎動


道徳と幸福は一致する

  丸山敏雄は一言で言えばどんな人だったのか。
  その生涯をたどれば、教育者であり、学者であり、修行者であった。書道や短歌の作品を生む芸術家でもあった。そしてその人生は一貫して「最高善」の追求に捧げられていた。すなわち丸山敏雄は「最高善の追求者」であった。
  敏雄が追い求めた「最高善」とは何か。それは、「いつ、どこで、誰が、どのように行なっても、人を幸福にし、己も幸福になる善」である。
  哲学者のカントは、人間の行なう善悪と幸不幸の一致はこの世において求められないと主張した。どれほどの善を行なおうと、またどれほどの悪を行なおうと、幸福になるか不幸になるかとは、結びつかないというのである。
  丸山敏雄はそれに異を唱えた。道徳と幸福が一致〈徳福一致〉する生活法則を「発掘」することで、最高善を追求していった。
  生活法則は、次第に姿、形を整えていく。やがて敗戦を機に、敏雄はその生活法則を世に示し、道義の再建を期した社会教育運動、すなわち倫理運動を推進する決意を固めた。

急性アノミーが広がる中で

  人は、ショッキングな出来事に遭遇すると、パニック状態に陥る。何が何だかわからなくなる。激しい虚脱感、孤独感に襲われる。それを急性アノミー現象と呼ぶ。
  全日本人が急性アノミーに陥ったことがあった。昭和20年8月、敗戦が伝えられた直後のことだった。
  戦争の敗北を知らせる玉音放送を聴いた後の衝撃は凄まじかった。
  人々の心には、敗北の悲痛と、死から解放された安堵感が複雑に入り交じっていた。さらに日本人の大半が飢餓状態にあり、慢性的な栄養失調を患っていた。穀物はヤミに流れ、「昭和20年内に数百万人が餓死する」との噂が広がった。失業者の数は1,000万人にものぼった。
  日本は、焦土と化していた。瓦礫の上に、家を失った人々がようやく雨露をしのいでいる。占領軍が進駐してくる恐怖におののきながら、食糧を求めて農村へ買い出しに行かなければならない。法を無視してもヤミの食糧に手をつけなければ生きていけない。急性アノミーによる道徳の荒廃は全国に蔓延していった。
  そのような時に、丸山敏雄はどうしていたであろうか。

玉音放送を聴く人々
昭和20年8月15日、終戦の報を聴いた人々。

路頭に迷う子供
戦火で親を失い、路頭に迷う子供たち。

焦土と化した日本
日本は戦いに破れ焦土と化した。東京をはじめ、どの都市も荒涼としていた。