命がけで訴えたもの―四、燃焼


「新世会」の発展

  昭和24年になると、機関誌『文化と家庭』は『新世』と改題され、戸別訪問による頒布で発行部数が少しずつ伸びていった。先の生活法則17ヵ条が完成し、倫理運動の基本テキストとなる『万人幸福の栞』が出版される。
  「新世会」が主催する初の倫理講演会は、5月に500名の参加者を得て台東区役所講堂で開催された。支部の数は第1号の上野をはじめ、全国に30ヶ所と増えていった。さらに特筆すべきは、朝の活動がスタートしたことである。
  4月1日、丸山敏雄は所員を早朝6時に集め、各自が所感や決意を述べ合ったり、書道の稽古をする場を設けた。朝の心境向上会である。その集まりが非常に成果をあげたことから、秋には各支部でも「朝起実践会」が行なわれるようになった。集いの終わりには「今日一日、朗らかに、安らかに、喜んで、進んで、働きます」と誓いの言葉を全員で斉唱して締めくくる。現在では「おはよう倫理塾」と呼ばれるこの勉強会は、倫理運動を支える大黒柱となっていった。
  早朝の勉強会と共に、倫理運動を支える原動力となったのが生活指導である。丸山敏雄は時間の許す限り、悩める人の指導に応じた。指導を通して、不自然な心持ちやわがままな生活態度を指摘され、本人が真心から受けとめて改める実践に取り組むとき、苦難は自ずから解決していく。敏雄は自在に指導し、多くの人びとの苦悩を救った。

峻烈な教育と苦悩

  「新世会」の発展に伴って、丸山敏雄の日常は多忙をきわめた。著述、研究、地方出張も含めた講演会や座談会、書道や短歌の添削指導、愛弟子の教育、来客の応接、生活指導・・・・・・。会友の指導ができる所員も5人となり、さらに増えようとしていた。
  その所員の一人に、上廣哲彦がいる。昭和21年から敏雄を慕ってしばしば身を寄せてきた彼は、やがて北陸の普及活動の担当を命じられる。本名を三郎といい、乞われて敏雄が「哲彦」の名を与えた。抜群の指導力を発揮する上廣に、敏雄も信頼を置いていたが、高慢になりがちな心ふるまいをしばしば厳しく注意している。
  昭和25年になって上廣は豹変したかのように恩師を批判したり、不穏な動きを見せるようになった。担当地域の普及方法を自分に任せてもらいたいとも要求した。「未だ時期が早い」と許されなかったことを不満として次第に遠ざかり、やがて別の自分の組織(実践倫理宏正会)を作るようになる。その間、敏雄は苦悩しつつ、幾度となく注意し、指導し、血涙を絞って書いた書簡を投じたりしたが、ついに翻意を促すことはできなかった。
  教育の最大の課題は後継者の養成である。発展する「新世会」において、自分に代わりうる指導者を育成することは大切な仕事であった。敏雄は日常生活の中で愛弟子たちに対し、峻烈かつ愛情あふれる教育を施していった。しかし時に不眠不休で続けられたその行為は、確実に敏雄の命を縮める結果となった。

『新世』創刊号
昭和24年3月から『文化と家庭』は『新世』と改題されて再スタート。

積み上げられた原稿
雑誌に掲載するために書き溜められた原稿。中には未発表のものもある。