趣味ある生活―敏雄が見た風景


丸山敏雄は、たんなる教育者・研究者にとどまらず、「忙中の閑」を楽しむ達人でもありました。
若い日に著した「趣味教育」(広島高等師範学校卒業論文)ではこう述べています。
「人格は趣味の背景を得て、その美を増し、重きを加える。趣味を有せぬ人格は舞台なき演劇のごとし」
敏雄の多彩な趣味をご紹介します。

スケッチ

敏雄の画いたスケッチ

  丸山敏雄が少年期から青年期にかけて得意としたのは、スケッチでした。
  高等小学校に通っていた12歳、敏雄は一人の教師から絵の手ほどきを受けます。もともと素質があったのか上達が早く、のめり込んで展覧会にも出品するようになるなど、当時は画家になることを真剣に夢見ていました。
  小倉師範学校に進んでからも絵筆とスケッチブックを片時も離さず、美術部に籍を置いてスケッチを学びました。
 さらに広島高等師範学校に進んでからは、原坦山に本格的な日本画を伝授されました。青年時代には華村・師古・暁波などの雅号をもちいて、多くの山水を描き残しています。
  大人になっても、どこへ行くにもスケッチブックを持って出かけました。敏雄の画帖は10冊近く残っており、どれも使用した期間の日付が明記され、水墨画、鉛筆書きのデッサン、水彩画など、思いのままに描かれています。


篆刻

自作の篆刻

  「こゝに幾十年来の宿望達し、目出たし」とは、篆刻に入門した日に書かれた敏雄の日記です。敏雄は秋津書道院(現秋津書道会)で書道を教えるかたわら、雅印はその作品にふさわしいものが必要と考えていました。そのこだわりは、知り合いの印章店に習う前から、清書を評価する際に捺す印を自己流で作っていたほどです。
  ところが晩年、弟子にこう話したといいます。
  「篆刻は私も大好きでね、若いときから興味を持っていて、下手ながら作ったりしたものだが、トンとやらなくなってしまった」
  遺品である「篆刻箱」を見てみると、一つひとつ柔らかな紙に包まれて、約40個ほどの作品が並んでいます。中には竹や木のものもあり、印刀・印床・朱肉も吟味して揃えてあります。その他、新しいデザインの型紙、制作中のもの、真新しい印材もあります。
  多忙ゆえに「トンとやれなかった」とはいえ、寸暇をみては彫りたかったにちがいありません。