日記―永眠するその日まで


日記にみる不撓不屈の精神

  丸山敏雄にとって、日記を付けることは小学生以来の習慣でした。

  一度始めたことは、終始一貫してやり通す。日記もその例外ではありません。生涯にわたり一日も休むことなく、永眠するその日の朝まで書き続けました。
  また敏雄は、起床直後に日記を綴りました。前日の一日を顧みて記録するのが慣例でした。
  したがって、最後の日付となった昭和26年12月13日は、実は亡くなるその当日、14日の朝に記したもので、文字どおり、これが「絶筆」となりました。

阿蘇旅行記
【写真上】阿蘇旅行記。印象に残った風景などは丹念に描いた。

11月13日  晴  静

今朝  食事  最低限
午后食堂でビニイルシキ
膝を(の)下をにえ湯にてあらふ  いゝ気持
但但体力へり  便所に入っても
立つことが出来なく・・・・・・

(昭和26年12月13日の日記より/原文ママ)

  その筆跡はさすがに乱れ、手の震えや体の不自由を押して、最後の気力を振り絞ってしたためた形跡がうかがわれます(写真右下)。
  敏雄は倫理運動を創始する際、当時、大分バスの社長だった佐藤恒彦氏に、借金を申し入れていましたが、佐藤氏はこれを快く引き受け、有力なスポンサーとなっていました。しかし、運動の見通しは誰にもつきません。雑誌の頒布は難渋しましたが、敏雄は一人、4、5年かけてこつこつと返済を続けました。息をひきとる2日前、ついにその返済は完了の時を迎えたのでした。
  日記の最後のページには、茶褐色の薄い紙が貼ってあります(写真右中央)。佐藤氏への最後の送金を証明する、郵便局の「受領書」です。敏雄はこれを書いた直後に再び床に入り、午後12時42分、永眠しました。まさに丸山敏雄らしい見事な収拾のつけ方でした。

最後の日記帳
昭和26年9月16日から臨終の日までの日記帳。美しい包装紙を切り抜いて貼り、題字を書いた。

受領書
死の2日前の受領書。敏雄は領収書やメモ書きなども、几帳面に日記に貼り付けた。

最後のページ
最後のページ。5日前に「12月」を「11月」と書き間違えてから、以降「11月」となってしまっている。