丸山敏雄クロニクル


西暦(年号) 年齢 丸山敏雄の生涯 社会情勢
1892(明治25)年 0歳 5月5日、父・半三郎、母・ぎんの四男として、福岡県上毛郡合河村天和(現・豊前市)に生まれる。 ◎日清戦争(1894~95)
◎日露戦争(1904~05)
1908(明治41)年 16歳 4月、尋常小学校准訓導の免許を取得。
岩屋尋常小学校代用教員となる。
 
1909(明治42)年 17歳 福岡県立小倉師範学校入学。 ◎伊藤博文ハルビン駅で暗殺
1910(明治43)年 18歳 この頃、西川萱南氏について書道に精進する。 ◎日韓条約調印(韓国併合)
1913(大正2)年 21歳 小倉師範学校を主席で卒業。
築上郡八屋尋常小学校に赴任。
◎第1次世界大戦(1914~18)
1916(大正5)年 24歳 広島高等師範学校に入学。
西晋一郎博士に倫理学を学ぶ。
 
1920(大正9)年 28歳 広島高等師範学校卒業。
福岡県立築上中学校に赴任。神崎キクと結婚。
◎日本、大恐慌に突入
1921(大正10)年 29歳 長男・竹秋誕生。 ◎連合国のロンドン賠償会議
1923(大正12)年 31歳 福岡県立中学明善校に転任。 ◎関東大震災
1925(大正14)年 33歳 長崎女子師範学校教諭として転任。翌年主席教頭。 ◎治安維持法
1928(昭和3)年 36歳 次男豊樹誕生。 ◎昭和天皇の即位礼
1929(昭和4)年 37歳 広島文理科大学に入学、国史学専攻。西晋一郎博士と再会し、再び倫理・哲学を学ぶ。 ◎世界大恐慌始まる
1931(昭和6)年 39歳 「ひとのみち教団」に入教。 ◎満州事変勃発
1932(昭和7)年 40歳 広島文理科大学を卒業。 ◎日本が満州国を承認
1933(昭和8)年 41歳 上杉一甫氏に短歌を師事。 ◎国際連盟脱退
1935(昭和10)年 43歳 財団法人中野中学校校長となる。  
1937(昭和12)年 45歳 中野中学校校長を退職。
「ひとのみち教団」の幹部と共に不敬罪で検挙。教団解散。
◎日中戦争
1938(昭和13)年 46歳 仮出所後、「秋津書道院」創設。機関誌『秋津書道』を発刊。 ◎第二次世界大戦(1939~45)
1941(昭和16)年 49歳 「教団」に対する反省を記し「上申書」を提出。 ◎日米開戦(ハワイ真珠湾攻撃)
1942(昭和17)年 50歳 東京中野区に転居。研究に没頭。  
1945(昭和20)年 53歳 「夫婦道」の稿を起こし、倫理運動を創始。 ◎日本、ポツダム宣言を受諾
1946(昭和21)年 54歳 しきなみ短歌会を創立。『しきなみ』を発刊。
「新世文化研究所」を創立し、所長に就任。
◎日本国憲法公布
◎東京闇市・露天6万店
1947(昭和22)年 55歳 武蔵野市境に転居。
「新世会」を結成し、本格的な生活改善運動を開始。
『文化と家庭』創刊。上野駅ほかで街頭頒布を行なう。
◎労働基準法施行
◎教育基本法制定
1948(昭和23)年 56歳 「新世会」が社団法人の認可を受ける。 ◎極東軍事裁判判決
1949(昭和24)年 57歳 『文化と家庭』を『新世』と改題。
武蔵境の自宅において所内早朝講座(朝の集い)が始まる。
第1回倫理講演会開催。『万人幸福の栞』発刊。
◎下山事件
1950(昭和25)年 58歳 各地での講座や講演会、書道・短歌の指導に邁進。純粋倫理に関する論文も多数発表。 ◎朝鮮戦争勃発(1950~53)
1951(昭和26)年 59歳 『育児の書』『学童愛育の書』『作歌の書』『人類の朝光』を発行。
神田・一ツ橋に新事務所を購入、本部を移転。
「新世会」を「社団法人倫理研究所」と改称。
武蔵境の自宅にて永眠(12月14日)。
◎対日講和・安保両条約発効
◎破壊活動防止法公布施行
◎血のメーデー事件