1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


42 拝む形の大切さ

  「礼儀正しい」よりも「無礼」な方がよいのか?
  「けじめがある」よりも「だらしない」方がよいのか?
  決してそんなことはない。「形」を尊重しなければ、獣と変わるところはない。
  拝むことができるのは、人間だけである。崇高な形式を軽んじていいのか。

  早朝、弟子の一人が丸山敏雄に挨拶をしようとした。
  敏雄は、「まず、神様にお参りをしてから・・・・・・」と言い、神棚に向かって礼拝した。その後改めて「おはよう」と挨拶した。
  人はなぜ、神仏を崇め尊ぶのか。
  目に見えない相手に頭を下げ、手を合わせる。考えてみれば奇妙な行為ともいえる。しかし、現実には、初詣、七五三、お彼岸等々、科学万能の現代にも、神仏に向かい合うことは多い。意味あるものとして、私たちの生活の支えであるのも事実である。
  彼が信じた神。それは日本の古典神話に登場する天照大神であり、その象徴としての太陽であった。彼は、毎日、玄関の前で太陽に一拝し、それから二拍手をして何ごとか祈念する。それが敏雄の日課であった。
  礼拝の時が、ちょうど通勤通学の時間にあたることがあった。近くの高等学校へ通う生徒たちが不思議そうな表情で、太陽を拝む人の姿を眺めやることもあった。太陽が昇ってくるのは学生たちの列の方向。学生たちから見ると、自分たちが拝まれているようにも見えた。
  中には、横目で冷笑していく者もあった。しかし、本人は、まったく意に介さない。気にするとか、恥ずかしいなどという考えはない。一意専心、そこには己が信じる対象への一直線な思いと拝む姿のみがあった。
  一方で、神社や寺院を通り過ぎる時は、必ず立ち止まって敬礼し、道端の地蔵尊にも手を合わせるなど、その礼拝は日常的で自然であった。敏雄にとって神仏とは、威儀を正すべき畏怖の対象であったと同時に、親しむべき身近な存在でもあった。
  拝むという行為は、信仰心の表れにほかならない。深い信仰心は、自然と敬虔な拝む姿となって表れる。
  人智を超えた偉大な力に対する人間の畏怖の感情と謙虚さ。もし、これをなくした時、人はどうなるのだろうか・・・・・・。心や生命といった目に見えないものに対する感性が、衰えくていに違いない。そうして、あらゆるものに宿る「命」に対して傲慢になり、生命を冒瀆するようになる。人心は乱れ、道義が荒廃していく。
  見えない聖なるものを見つめる習慣を身につけ、感じる力を養い、それに頭を垂れる謙虚さは、人が人となり、真に豊かな生活を送る上で、ぜひとも必要だ。
  そのためには、まず生活の中に礼拝の場を設けるとよい。そして日々親しむことである。日本の家庭には、神棚と仏壇が共存し、生命のルーツにアクセスする機能を果たしている。祖先の御霊(みたま)、神、仏に心を通わせ、親しむ場を設けることは、自らの生命の根を強く太くし、清新にする。
  目に見えないものを敬するにはコツがある。それは、「見立てる」こと。そのものがそこにあるかの如く振舞うことである。人に対するのと同じように、礼を尽くして一定の「形式」をとることは、神仏への敬信を高めることにつながる。