1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


41 確固たる決心が道を開く

  世の中には、自分はどうするのかを決めない人が多い。
  行く先を決めないで、汽車に乗り込む。
  どこに着くのか、わからない人生なのに、そんなことをしている。
  大丈夫だろうか。

  「決心」とは決めることである。何を決めるのか。意志である。
  普段から、決める習慣を持っていないと、人生の重大な決心もできなくなる。決められない理由は、大きく分けて三つある。

  1. 自分の考えがはっきりしない(曖昧性)
  2. したいことの間に矛盾がある(矛盾性)
  3. 見通しを決めにくい(不確定性)

  食堂で迷っている人がいる。カツ丼にしようか、カレーライスにしようか、なかなか決められない。やっとカレーライスと決めて食べ始めたら、くよくよ後悔する。
  「やっぱりカツ丼の方がよかったかな、どうだろうか、あっちの方がうまそうだ・・・・・・」
  こういう人が信頼されることはない。大きな仕事をまかされることもない。決心するとは自分の意志を信じて邁進することである。
  どうすれば、そういう人になれるのか。それは、簡単だ。日常の心がけ次第で容易にできることである。
  敏雄は、弟子や会員たちに事あるごとに指導した。ある時、梯子(はしご)の修理をしていて、若い発送係の青年に、釘を打つように頼んだ。敏雄が、指で釘を支えて、一回、二回と青年が遠慮がちに打ち込んだ。だが、うまく打ち込めない。
  「思い切って、力いっぱい打ち込みなさい!」
  青年は、敏雄の指を誤って打っては大変だと思い、尋ねた。
  「大丈夫でしょうか?」
  「大丈夫だ!思い切って打ち込みなさい!」
  エーイ、エーイと打ち込み、発止(はっし)、発止と釘の頭は、みるみる木の中に埋もれていった。 日常の小さな情景であるが、そこにいささかのためらいもなかった。揺らぐことのない自信、そして弟子を信じて疑わない確信。傍らにいた弟子の北奥三郎は、感動をもってその様子を眺めていた。
  小さなことに決意を発揮できなくて、大きな決心ができるものではない。言葉遣いにも細かく指導をした。昭和26年の夏、ある会合で、弟子の矢頭俊一が発言をして、「・・・・・・と思います」と結んだ。敏雄はすかさず「『・・・・・・であります』となぜ言わんのかね」とたしなめた。言い切ることができない、つまり、何かしらの含みを持たせ、後に逃げ道を用意しておくような弱い気持ちを嫌った。
  敏雄は、曖昧な表現を嫌がった。「するか、しないか、ハッキリせよ」と常に決断の重要性を説いた。日頃の心の用い方によって、いざという時の「決心」ができるかどうか、が決まるのである。