1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


38 教えは天地に満ちている

  賢者は愚者からも学ぶが、愚者は賢者からさえも学ばない。
  学ぶべきことは、身の周りにいくらでもある。
  見渡せば、ありとあらゆるものが、何かを教えている。

  蚊や蝿、ゴキブリを好きな人はまずいない。ネズミはまるで人類の敵のごとく見なされ、退治される。
  しかし、逆にそれらの生物からみれば、最も自己中心的で身勝手で恐ろしいのが、人間である。だが、人間の中にも、寛大な紳士たちがいる。『昆虫記』のファーブル、『動物記』のシートンなどは、その例である。丸山敏雄も、またそのような一人であった。
  敏雄に、『倫理かるた』という、一風変わった著作がある。その中に、「蚊も蝿も家族のうち」という一句がある。その解説がまた面白い。

蚊は、嫌う人に集まって刺す。蝿は、いやがる人にたかって、うるさがらせる。蚊も蝿も同じ家族だ、と思って嫌わないと、減っていく。防虫剤より、効果てきめんである。ネズミも、ゴキブリも、愛情を持つと、害をせぬ。次第に減っていくものである。

  こうした見方は、どこから生まれてきたのだろうか。
  敏雄と最も親しく交流した一人に、鳥居武二という人がいた。ある時、敏雄の家を訪ねると、裏庭の畑へ案内された。そこには、暖かい陽射しをいっぱいに受けて、ナスやキュウリやカボチャが生き生きと育っていた。それらの下に敷かれてあるモミガラの中を、かわいい子ネズミやその親ネズミが出たり入ったりして、戯れている。敏雄は、指さして微笑みながら語った。
  「こうして毎日来ては、私にいろいろなことを教えてくれるのです。動物といっても、単なる動物の生活でなく、人と深い関わりをもって生きていることが、よくわかります。」
  小動物の動きを捉えて、「教えられる」という見方は、極めてユニークそのもの。敏雄の独壇場ともいえる考え方と生活であった。
  日記や残されたメモ類には、どんな時に「教えられた」と感じたのかが、記されている。

・天井裏にネズミ出で走り、押入れの中をかむ等、騒ぎまわる
・帽子、火鉢の中に落ちて焼ける
・定期券を紛失する
・カボチャに雄花がつかないこと
・東天礼拝の前をイタチがよぎる

  別段どうということはない、些細な動きからも、敏雄は敏感に何かを察知し、そのつど天の意を直観して、進むべき道の指針とした。常に思考し、何かを求める態度が、ふとした機縁に触れて、ヒントをつかむのである。
  敏雄の教えのエッセンスを集めた『万人幸福の栞』には「万象我師」という一節に、次のようにある。

人の世のすべては、自分の鏡であり、草木も、鳥獣も、自然の動きも皆、わが鏡であることが判ってくる。作物も、家畜も、わが心の生活を変えれば、その通りに変わってゆく。それだけではない。私を取りまく大自然は、求めれば、何事でも教えてくれないものはない、無上のわが師である。