1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


33 男は機関車のように生きよ

  男が女のように、女が男のようになった。
  親は親らしさを失った。大人は子供になり、子供は大人に権利を主張する。
  悪平等の社会は滅びる。男がしっかりしなくてはいけない。

  虎は虎らしいから虎である。猪らしい虎であったり、象らしいライオンがいたら変だ。鯖(さば)らしい鮪(まぐろ)であったり、ほうれん草らしいかぼちゃなんて、誰が食べるだろうか。人間社会から「らしさ」が消えていくのは、考えてみればとても不自然なことだ。
  男らしさとは何だろうか。
  岡部逸夫という人がいた。彼の兄が、丸山敏雄のもとで生活改善運動に身を投じたいと希望し、上京した。兄のお供をした彼は、両親に代わり挨拶をした。
  「兄をくれぐれもよろしくお願いします」
  「何を頼むのですか?」
  「兄を・・・・・・」
  そう言いかけた時だった。語気鋭く、言い返された。
  「そんなことは、頼むも、頼まないもないっ。男が一旦よろしいと言ったら、もうそれでいいんだ。あなたの兄さんがここに入ると決まった時から、私はもう引き受けたんだ。それを『頼む、頼む』ということは、任せていないことだ。いつまでも故郷の方で両親が息子のことを気にかけているようなことでは、あなたの兄さんは立派にならん。帰ったら、よく両親にそう伝えておきなさい!」
  その語気の鋭さに、岡部はまったく驚いてしまった。しかし、言い終えた後の敏雄は実に優しかった。コントラストの鮮やかさが、いつまでも心に残った。
  もう一つのエピソードがある。明治40年の2月11日、紀元節の朝、北九州は珍しく記録的な大雪に見舞われた。学校は休みだと誰もが思った。しかし、屋根に届くような大雪をかきわけ、敏雄はいつもの時間に平然として登校してきた。通学仲間の原口綱治の家にいつものように迎えにやってきて、「おい、原口、行こや」と声をかけた。
  二人は、死にものぐるいになって、雪をかき分けかき分け進み、ようやく学校にたどり着いた。先生も来ない学校では、登校した生徒11人だけで紀元節の式典を行なった。
  やるべきことは全力をあげてやる。一度決心したら、もうクヨクヨしない。進んでやまぬ、やってやってやり通す。あふれる気概を胸に抱き、成就するまでやり遂げる。機関車のように、グングン客車を引っ張っていく。それを男らしい姿と言えないだろうか。
  機関車といえば、丸山敏雄はこんなことを言っている。
  「男の人生航路は、家庭のごたごたを機関車で引っぱってゆくようなものです。軽かったら機関車の値打ちが発揮できません。重たい荷物を引っぱるときほど、値打ちがでます。引っぱりきったとき、あなたの値打ちがでてきます」
  もうもうと煙を吐き、轟音をあげて走る機関車は、後戻りができない。前に進むことしか知らない。そんな男が今求められている。