1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


29 どんなことでも命がけでやれ

  のらりくらりと徹底しない生き方では、何も得られない。
  全身全霊を傾け、完全燃焼してこそ物事は成就する。
  とことんやり抜く気概を持つことである。

  司会者の紹介とともに、聴衆の拍手に迎えられ、丸山敏雄が登壇した。しかし、その表情は、渋く、険しかった。開口一番、言った。
  「これから私が命がけで大切な話をしようと思って、ここへ立ったのに、今の拍手はいったい何ですか。まるで火が消えたように淋しくパラパラで、気勢のあがらぬこと甚だしい。みなさんは、本当に聴く気があるのですか?  あのような拍手で、どうして勢いよく私が飛び出せましょう。大相撲の場合でも、呼び出しが悪いと、力士は熱の入った一番が取れないといいます。もっと気力のこもった拍手で呼び出していただきたい。では、拍手のやり直しっ」
  その瞬間、場内から大きなどよめきとともに、万雷の拍手が鳴り響いた。昭和25年4月、上野の国立博物館講堂で、女性を対象とした講演会が開かれた時のことだった。
  敏雄は何ごとも、中途半端をよしとしなかった。自らも、いかなる時、どんなことにも全力投球した。ある日の小講演会のことだった。どうしたことか、集まったのは僅か二人だった。うろたえる幹事をよそに、定刻きっかりに壇上に立った敏雄は、二人だけの聴衆を前に、朗らかに口火を切った。
  「今日は、あなた方が聴いてくだされば、他に誰も来なくても結構です。いや、天地が聞いています。この柱や畳も聴いている・・・・・・」
  その話ぶりは、1万人の聴衆を相手にしているかのように、烈々たる気迫に満ちていた。一語一語に、かんでふくめるような魂がこもっていた。しかも、予定どおり2時間に及ぶ熱演であった。
  書道の時には、「一点一画に全精神を傾け、一字書いたら玉の汗がにじむ」くらいに書き、「一枚書いたなら、極寒の日でも全身汗ばむほどに命がけで書け」と説いている。
  ある年の暮れ、訪問先で餅つき大会が行なわれた。敏雄はその時「餅つきひとつも命がけでやれ!」と、声援したという。
  持てる力を出し惜しみする態度、のらりくらりと徹底しない生き方を、空気の抜けたマリ、破れた太鼓にもたとえて、厳しく退けた。
  何をするにもムラの激しかったある人は、敏雄から、こう指摘された。
  「やるのですか?  やらないのですか?  どちらかをハッキリさせて、もしやる気があるなら徹底してやってください。煮え切らないのが、あなたのいちばん悪いところだ」
  以来、彼は火を吹くような実践者に生まれ変わった。
  今時、「命をかける」と言えば、オーバーに聞こえるかもしれない。しかし、敏雄は、本気で、常に命をかけていた。物事に魂を込め、精根を傾けたときに得られる心の「澄み」と純度の高さ。それをこそ敏雄は、何よりも尊び、大切にしたのだった。