1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


28 人間、謙虚が第一

  威張っている人間ほど鼻持ちならないものはない。
  しかし、知らぬは本人ばかりなり。
  臭気ぷんぷんとして気がつかない。
  丸山敏雄の謙虚さに学び、わが身を振り返ってみたい。

  「きみは実に偉そうにしているね」
  ある人物の言動を見兼ねた丸山敏雄が、注意した。心外だったのか彼は、こう答えた。
  「どこで、どんな時に、どんな風に、偉そうにしておりますか?」
  敏雄は、ピシャリと応じた。
  「きみが便所に入って用を足している姿ですらも、偉そうに威張っているよ」
  「偉ぶるは、馬鹿の始まり」という。天狗になってしまうと、学ぼうとする気持ちは消え失せ、進歩も向上もストップする。あげく人から嫌われ、裸の王様よろしく、誰からも相手にされなくなる。威張る人間は、「馬鹿」の代名詞でもある。
  敏雄は、決して威張らなかった。偉そうに振るまうのが、大嫌いだった。
  一例をあげれば、書道の門弟を「書友」と呼び、短歌の弟子を「歌友」と称して親しく接したところにも、それはうかがえる。
  高い所から人を見下ろして指導する「先生」ではない。敏雄は、共に手を取り合って学びの道を歩む「友」または同志、あるいは道案内、といった存在だった。
  書道の手引きをするにも、「私はある程度の段階までのガイド役にすぎません。それから先は、どうか大先生(古典の法帖類)について習ってください」と、どこまでも謙虚であった。
  ある人が、感謝の念もいっぱいに、「先生の教えのおかげで・・・・・・」とお礼を述べようとしたところ、強い口調でたしなめられた。
  「私は、そんなに偉い人間ではありません。ただ、正しい生活法則に気づかせてもらっただけのことです」
  少しも自分を誇らなかった。
  昭和24年8月21日に、『万人幸福の栞』の初版本が印刷所から納品された。会員の求めに応じて、教えのエッセンスを小型の冊子にまとめたものである。敏雄は、自著をまず神前にうやうやしく捧げて納本を報告し、感謝の意を表するとともに、世界人類の幸福を誓願する式典を行なった。
  その席で、あらたまって財布から紙幣を取り出し、自ら同書を購入した。敏雄には、「自分の本」といった意識は、皆無に等しかった。天の命により、大自然から授かったひらめきと導きに従い、天に代わって書かせてもらった、自分は一人の代筆者にすぎない・・・・・・といった気持ちが強かった。いかに私心のない「謙虚な人」であったかを物語るエピソードの一つであろう。
  「我  萬人のしもべとならむ」
  これは死の2ヵ月前に敏雄がひそかに書き遺した「宣」と題する誓いの一部である。底知れぬ謙虚さの一端がうかがわれる。