1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


25 思いやりが人の心を動かす

  弟子たちは皆、かたじけなさに涙をこぼした。
  「この人のためだったら何でもやりたい」
  そんな思いにさせた師匠とは、いったいどんな心持ちでいたのか。

  「先生、どうして箸をおつけにならないのですか?」
  敏雄は答えない。重ねて尋ねられて、ようやくひと言つぶやいた。
  「青山君がなあ・・・・・・」
  昭和25年のある日、勉強会を終えた敏雄は、会友数名とともに食事を始めた。しかし、敏雄だけが箸をつけようとしない。不思議に思った会友の一人が敏雄に尋ねたのである。
  実は、弟子の一人である青山一真が、まだ外で懸命に仕事をしていたのだった。敏雄自身は勉強会をすませてからの食事であり、気兼ねや遠慮をする必要はまったくない。だが、まだ仕事をしている弟子のことに思いを馳せる敏雄は、箸をつけられなかったのだ。
  こんな話もある。
  宇宿五郎は、赤紙召集を受け、中国広東省で戦場生活を送った。その折、敏雄と手紙のやり取りを行ない、その手紙の中で「目上に反抗するような心を出してはいけない」というアドバイスを敏雄から受けた。
  このアドバイスを心に誓って実践に努めた宇宿は、3年余りの戦場生活を、かすり傷一つ負わずに無事に終えることができた。昭和15年7月、宇宿は除隊したその足で、当時大阪の境に住んでいた敏雄を訪ねた。
  「無事によく帰ってきたねえ」
  敏雄は、手放しで歓待した。そして、自分より15歳も若い宇宿を上座に迎え入れた。宇宿の話を真剣に聞いた敏雄はこう語った。
  「あなた達、兵隊さんのお陰で、われわれ内地に住む者は、安心して暮らしていけます。本当にご苦労でしたね。大変だったろうね。ありがたいことだ」
  そして、弟子に深々と頭を下げたのであった。
  「お風呂へ案内しよう」
  宇宿を銭湯へ連れていった。
  「戦場のほこりをすっかり洗い落としてあげようね。どんなにか、大変だったことだろうねえ。いい体格だね。強そうだね、ずいぶん活躍して来たんだろうねえ」
  敏雄は、宇宿の背中を流した。腕から背中まですっかり洗ってもらった宇宿は、この時、深く心に誓った。
  「この先生のお仕事のお手伝いをさせていただいたら、どんなに幸福だろうか。何か先生のお役に立つことをさせていただこう」
  人の心を真に動かすのは、金銭でも権力でもない。思いやりという、打算から最も遠く離れた真情である。「そこまでに、私のことを大切に思ってくれるのか」と、お互いの心に響きあったとき、私たちの人間関係は信頼の絆でしっかりと結ばれる。