1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


24 人を変えるよりも自分を改める

  世の中に変わってほしい、人に変わってほしい、と思う人が多い。
  火のない暖炉にいくら手をかざしていても、一向に暖かくはならない。
  自分で薪をくべ、火を点けたらどうだろうか。
  さっさと自分がやり、自分が変わってしまうことである。

  あからさまに要求を突きつける人はむしろよい。しっぺ返しを受けたり、わがままに気づかされたりするからだ。
  ところが、そうではなく、表向きは周囲に合わせていながら、内心、他人にばかり求めるものが大きい人がいる。そして、それが叶えられないことに、不満を募らせる。他人への故なき「請求書」を隠し持っている人が、いかに多いことか。
  この問題さえ・・・・・・、この子さえ・・・・・・、会社さえ・・・・・・、そんな思いを抱いた人は少なくない。しかし、解決しない。どうすればいいのか。簡単な方法が一つだけある。それは、請求書の宛名を自分自身に変えてしまうのである。すると、思いがけず扉が開いてしまう。
  「人を改めさせよう、変えようとする前に、まず自分が改め、変わればよい」
  丸山敏雄は、人間関係の要諦をそう明らかにした。
  昭和25年、水戸に住む小菅きくいは、娘の反抗に困り果てていた。思い余って敏雄に相談した。娘への接し方などをアドバイスしてもらえるものと期待していると、意外な答えが返ってきた。
  「あなたは子供のころ、親に反抗したことがあるでしょう。今それを見せられているのですよ」
  小菅はハッとした。実は娘のころ、未亡人の母に再婚問題が持ち上がった時、どうしても受け入れられずに家出してしまったことがあった。
  わが子は、自分の娘時代を実演していただけなのである。小菅は、心から母に詫びた。すると、娘の反抗がすっきりと治まった。
  子供に困らされたという時、その原因はことごとく親にある。親が自分の生活を正し、夫婦が明朗愛和に返れば、子供は自然に立ち直る。
  こんなこともある。昭和24年、広島を訪ねた敏雄は、土井八郎から、次男がトラックにはねられて、2ヵ月も入院することになったと聞かされた。そして、直ちにこう言った。
  「夫婦の心が一つになっていないことが事故の原因ですよ」
  果物店を経営していた土井は、仕事をするのは自分なのだ、と思い込み、妻に相談するということがなかった。そのうち、ことごとくに妻が反対するようになり、気持ちがすれ違うようになっていった。
  夫婦一致和合の大切さを教えられた土井は、妻とよく話し合った。そして、何事も妻に話をして、相談してから決めるように改めた。すると、妻が異を唱えることはまったくなくなった。仕事も順調に運ぶようになった。
  自分が正しい、相手が間違っているという態度では永久に平行線である。人への「請求書」を隠し持っているうちは、決してうまくいかない。