1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


22 心に空所を持つ

  張りつめた弓は簡単に切れてしまう。
  自動車のハンドルに、適度な「遊び」がなかったら運転は難しい。
  余裕のない人はとかく失敗が多い。
  趣味を持つことで、本業を豊かにし、人間に幅を持たせよう。

  趣味を持つことは大切だが、本業をおろそかにしてはならない。本業は、「天下何人(なんぴと)にもひけをとらぬ」という覚悟で取り組んだ上で、さらに、趣味に心を遊ばせることが大切である。
  人生にはなぜ、趣味が必要なのだろうか。それは、趣味は心の「空所」だからである。空所とは全く何もない所、何もない空き部屋である。
  空所とは、本業と無関係の別世界である。それゆえ、自分の本業のことが、自然にはっきり反省される。特別に反省するというのではなく、自然にわかるのである。
  剣豪・宮本武蔵が、吉岡一門と決闘をする直前のこと。緊張しきった様子を、遊女の吉野太夫に笑われたことがあった。ムキになった武蔵に、吉野太夫は琵琶を鉈(なた)で叩き割って見せた。美しい音色は、空洞があるからこそ出るものであること。そして、張りつめているだけではなく、ほどよい緩みがあるから・・・・・・ということを説明した。
  武蔵の気持ちはふっと楽になった。緊張の糸はほぐれ、その後の決闘に勝利することができたのだった。
  人は山の中に入り込むと、山は見えない。海も海女のように海中に潜ってしまっては、海の大きさはわからない。空の高みから山や海を見下ろすように、空所とは自分の生活を外部から、客観的に見る場所なのである。
  およそ人の一生にはさまざまな変化がある。
  たまたま自分が流れに合致している時は、心に空所など持たなくても順風満帆、バリバリと本業をやっていけるだろう。だが、流れは目まぐるしく変わる。
  わき目も振らずに本業だけにのめりこんで来た者は、時代の変化に対応が遅れることもある。軌道修正ができずに、馬車馬のごとく突き進んで、ついには身を滅ぼしてしまうことにもなりかねない。
  敏雄の本業はあくまで学問の研究であり、教育の仕事であり、生活法則の探究であった。全精力を傾け、研究し、身をもって実行した。その上で、たくさんの趣味を楽しんだ。
  心に空所を持つ。つまり趣味に心を遊ばせ、欲得を離れて無心になって自分を客観視できる時間は、大きな仕事をする人ほど、必要となる。敏雄はこう言った。
  「心に空所を持つことを、さらに徹底すると、実は本業そのものが趣味になってしまうという境地に到達する」
  こうなると、本業の仕事が最も愉快なこと、面白いことで、そのほかに何も求めるところがない。名誉を求めず、金銭・物質を求めず、仕事を友とし、仕事を生命とする。こうした人の仕事は、澄みわたった心境になり、思いもよらぬ成果が生まれる。