1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


21 事が済んだ後の心得

  心配するな、何とかなる。
  嵐の中でも時は経つもの。
  人事を尽くしたら
  騒がず天命を持つ心の余裕が必要だ。

  しまった、まずい結果になった。取り返しはつかない。何とかならないか・・・・・・。事がうまく運ばなかった時、後悔の念が胸を襲う。悔しい思い、情けない気持ちが込み上げてきて、果ては食欲も落ち、寝付きも悪くなってしまう。
  そんな時、どうしたらいいのか。あまりクヨクヨしすぎたり、落胆し悲観するばかりでは天も救いようがない。失敗だったとしても、まずは深呼吸でもして心を落ち着かせたい。そして、早く態勢を立て直し、淡々となすべきをなせばよい。すると、事態は、それ以上は落ち込まず、必ず好転する。
  中国の『菜根譚(さいこんたん)』という本に、こんな言葉がある。

風来疎竹、風過而竹不留声。
雁度寒潭、雁去而潭不留影。

風、疎竹(そちく)に来る。風過ぎて竹に声を留めず。
雁、寒潭を度(わた)る。雁去りて潭(ふち)に影を留めず。

  まばらな竹林に、一陣の風が吹きつけて、竹はざわざわと騒ぎ立つ。しかし、風がやめば、再び静まりかえって何の物音も発しない。雁の群が飛んで来ると、澄んだ池の水は、その影を映し出すが、雁が去ってしまうと元の静けさに戻り、何の影も残さない。
  当たり前の情景だが、その奥には深い意味が宿されている。善きにつけ悪しきにつけ、過ぎ去ったことにいつまでも心を煩わせるな、ということである。
  丸山敏雄は、この一節にことのほか親しみ、座右の銘とした。著作にもしばしば引用し、揮毫(きごう)も残している。受験生のための「受験の心得」には、『菜根譚』に通じる知恵が満ちている。

試験が終わると、できたぞと思うといい気になって、まだ発表もないのに有頂天になり、失敗したと思うとふさいだりヤケクソになったりしますが、実は終わった後の心がけが大切なのです。(中略)発表があるまでは、試験前と同じに心を引きしめて、むちゃな遊びをしたり心をゆるめてズボラをしたりせず、落ちついて朗らかに時を待つのであります。(『学童愛育の書』より)

  受験そのものは終わったとしても、試験は水面下ではまだ終わってはいない。答案の採点が行なわれ、総合判定を経て、最終的に合否が決定される。結果を勝手に憶測して心を乱すことがあってはならない。成就を祈りつつ、心を平静に保ち、じっと時を待つ。
  これが、「事後の心得」の鉄則である。そうした気持ちで過ごすと、力に応じ誠意に応えて、必ずよい結果を招く。「人事を尽くして天命を待つ」という。「人事」は人のする仕事。「天命」は天の命令であり、運である。人間としてなすべきことに最善を尽くして努力し、あとは天に任せてじたばたしない。結果は天の領分であって、成功・失敗にこだわらず、人として全力を尽くせばそれでよし、と考えたい。