1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


20 理屈ぬきに実験する

  迷うなら、臆せずやってみよう。
  行動すれば、必ず結果が出る。
  一歩を踏み出さなければ、何も始まらない。

  「わかった?」
  「わかったよ」
  誰もが口にする。「わかる」とはどういうことだろう。ふつう「わかる」とは知的な理解を指す。頭で考えて「そうか」と思うことである。だが、それでは通用しないことがある。武道やスポーツは、いくら頭でわかっていても、それだけでは意味をなさない。体を使い、何度も何度も反復練習を行なわなければ身につかないもの。
  「わかる」ことと「行なう」こととはたいへん違う。頭で「わかる」のは、自分がすでに持っている知識や経験を頼りに、「なるほど」とうなずくことである。知識もなく、経験もないことは、納得しにくいし、行動にも結びつかない。
  だが、それだけでは世界が広がらない。わかっても、わからなくても、ともかくやってみるという方法があってもよい。まずは行動してみる。そして、その結果によって判断したり、理解したりするのだ。
  丸山敏雄は、行動を重視した。自分にとって未知の分野を<実験>と称していろいろと試すのである。ただし、敏雄の<実験>は、生易しいものではない。常に信念を伴っていた。
  最初の<実験>は昭和7年、当時4歳だった次男が麻疹(はしか)を患った時である。ある人から敏雄は、「病気には意味がある」、「子供の病気は親に何かを教えている」と聞いていた。本当かどうか、思いきってわが子で<実験>してみた。
  思い当たることがあった。長男と7歳も歳が離れていたことから、可愛がり、気にかけ過ぎて、ことあるごとに一喜一憂していたのである。
  まず、きれいさっぱりと心配を捨てた。熱があったが、子供を連れて外出し、夕刻には風呂に入れた。大丈夫だ、という信念があった。するとどうか、ぐっすりと眠った翌朝、次男はすっかり元気を取り戻した。麻疹は快癒してしまった。
  <実験>は、躊躇したらできない。理屈ぬきに、素直に行なうに限る。
  腎臓病に悩む人が、敏雄に指導を受けに来た。
  「私の言うことを、そのままやりますか?」
  「何をやるのですか?  難しいのですか?」
  「そんな中途半端な気持ちではムダなことです。お帰りなさい。私は易者じゃないから。参考のために聞くというならお話できません。私の言う通りにやりますか?」
  「やってみます」
  「みます、じゃだめです・・・・・・」
  敏雄の巌のような姿勢に、ままよとばかりに捨て身になり、すべてを実行した。病気はたちまち治ってしまった。理屈ぬきに行動した時、天は決して見捨てない。