1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


17 日記で自分を成長させる

  日記は、自らの記録である。
  反省ばかりでなく、
  よかったこと、褒められたことも記しておきたい。 
  来し方を綴った自分史は、未来への指針になる。

  丸山敏雄は、一貫して物事をやり通すことの大切さを人に説いた。もちろん、自らも実践した。専門である古代史の研究はもとより、余技とした書道、短歌、謡曲、絵画など、いずれも始めた以上は終始一貫、徹底してやり続けた。日記もまた、幼い頃から始め、人生を終えるその日まで続けたものの一つであった。
  一定したことを一定の時にきっちりと行なう。これは生活に節を入れる。緩んだ生活にしまりをつけて、全生活を引き締める、活を入れる、生命を揺すぶり立てることになる、と敏雄は説いた。彼の生活そのものがまさにそうであった。日記をつけることは、生命のほとばしりであり、自らへの激励となった。
  喜びを、悲しみを、憤りを、敏雄は隠さず日記に刻み付けている。その内容も変化に富み、時には詳細に、時には簡潔に、スケッチや家の間取り、似顔絵なども描かれ、記録することの楽しさが伝わってくる。あくまで、日記は他人に見せるためのものではなく、自分との対話である。内面に向き合い、自らの位置を確認し、叱咤(しった)し、鼓舞するのである。
  書くことは、漠然としたことをはっきりさせる効果がある。とるべき行動が自ずから鮮明になる。
  敏雄は、敗戦から間もない昭和20年9月3日の日記に、こう記している。

  「『夫婦道』起稿。この平和と世界文化建設の大任に入る」

  さりげない一行である。だが、この一行こそは戦後の食うや食わずで、生きていくことに精一杯だった時、未来を見つめ、人間生活の根本を明らかにする高らかな宣言だった。戦後日本に新しい道義を打ち立てる生活改善運動が始まったのである。
  人生は決して平坦ではない。だからこそ日記は自らを勇気づけるものでありたいと、敏雄は言う。
  彼は愛弟子に、日記のつけ方についてこう諭している。

  「反省して悪かった点を書くのもよいが、今日一日どのようによいことがあったか、を記録しておくとよい」

  人は誰でも人に褒められれば嬉しい。それを記録しておけば、励みにもなり、張りも出てくる。憂鬱は失敗の元、明朗は成功の元である。欠点を出さないようにという「短所矯正主義」より、長所を朗らかにどんどん伸ばしていく「長所伸展主義」が人の器をより広げる。
  書くことで、いよいよ自らの長所が鮮明になり自信が深まる。日記の大きな効用である。しかし、続けなくてはダメである。日記は、人生に活を入れ、美しい節目を作る。継続は力となる。