1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


16 「後始末」の習慣は世界を変える 

  終点は次の出発点である。
  後始末をしなければ、次の仕事が始められない。
  迷わず、今すぐにやる習慣をつけたい。

  「痛たたた・・・・・・」
  出勤前の慌しい朝、本来その場所にあるはずがない物に足を引っ掛けた。<昨夜、元に戻すのを怠ったな>と、悔やんだりする。心を入れ替えてみるが、三日坊主で終わることも多い。必要なことはわかっているし、「やらねばならない」と思いつつも継続しにくいのが、後始末である。
  「立つ鳥跡を濁さず」と言われる。日本人の徳目として教えられて来た後始末に、敏雄は、生涯を通して取り組んできた。一日の後始末、締めくくりとして、亡くなる日の朝まで日記を書き続けた。視察や旅行を終えた時には、必ず記録を書き残している。
  武蔵境の敏雄の自宅の六畳間には、2メートル四方の机が鎮座していた。月刊誌の編集や発送、経理などの執務に不可欠な机だった。
  パソコンが普及した現代とは違って、当時は万年筆にインクを付けて執筆にあたっていた。机の上には数多くの原稿用紙や書類が広げられている。万年筆を使い終えた時は当然のことながら、用事で席を立つ時にも、インクの蓋を必ず閉めた。
  使った傘は、しずくをすっかり落としてから、所定の場所へしまう。手ぬぐいやタオルを使った後は、端をピンと引っ張って整える。書道の後は、筆は必ず洗い、一礼してからしまう。会議室や浴室、起床後の寝具などは、使う前よりも美しく整えた。
  後始末とは物事の終点であると同時に、出発点でもある。けじめをつけるために、速やかに行なうのが望ましい。後始末を習慣化すると、さまざまなことがわかってくる。「小さいしめくくりを怠ると、大きな失敗につながる」ことにも気がつくようになる。
  たとえば、店で所望した商品がサッと出されると、好印象を持つ。窓ガラスがよく磨かれ、塵一つ落ちていなければ、顧客も自ずと集まってくる。会社員の場合なら、出張の事後報告を速やかに行なうことで、上司や同僚の信頼が高まる。必要な書類をサッと取り出すこともできる。
  最初は意識しなければできないかもしれない。しかし、「やろう」と決意して心がける。やり始めれば簡単である。公私を問わず、事の大小にかかわらず、身についてゆくことに気づくだろう。
  「ことが終わったとき、すぐやることです。それを逃すと、おっくうになり次第にやりにくくなります」
  敏雄の語る「この機を逃さず」という前向きな姿勢が、呼び水となってどんどん小さな成功につながっていく。そうなればしめたもの、楽しくて仕方がない。「後で」と躊躇せずに「今すぐ」を心がけることが第一歩である。