1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


14 本気なら言葉に出して言う

  口から出た言葉は、現実化していく。
  口先ではなく、心情のこもった言葉を遣っているだろうか。
  言葉を軽視してはいけない。

  ある時、ある人が、友人に対する非礼に翻然と気づき、心の中で深く詫びた。
  そして、そんな心の経緯を丸山敏雄に話した。すると、こう指摘された。
  「悪かった、とどんなに反省しても、それだけでは本物ではない。その思いを“口から声に”発することが大事なのです」
  そこで、本気になって「すみませんでした」と、改めて言葉に出して詫び、心から頭も下げた。すると、涙がボロボロあふれて止まらなくなり、何とも清々しい気分になって、すっきりした。
  この場合、「声に出す」ことに、どんな意義があるのか。わが国には古来、言霊の思想がある。言葉には霊力が宿り、声として発せられると、その内容が実現すると考えられた。
  言葉が人を動かし、自然を動かし、雨を降らせ、風を吹かせた。祝詞や祓詞、読経などの持つ意味も、ここにある。
  すなわち、朗らかな、喜びに満ちた言葉を多く用いていると、境遇はそれにふさわしい、喜びに包まれたものとなる。暗く、絶望的な言葉を多く口にしていると、事実、悲しんだ通りの事態に陥ってしまう。
  願いや目標を大宇宙に宣言するつもりで声に発し、心のこもった言葉を唱えていると、言葉に秘められた威力が周囲を動かし、物事は成就する。言葉は、魂の息吹であり、生命の発動したもので、生き物のような働きをする、と信じられてきた。
  広島高等師範学校で共に机を並べた学友の大内覚之助は、敏雄について最も強く印象に残った思い出をこう語る。
  「丸山敏雄兄は、『ありがとう』と『すまぬ』という二つの言葉を実によく用いた人でした。言葉というものは、それがどんなに美しいものであれ、丁寧な語であっても、用いられる時に真情がこもっているか否か、が重要です。そのことは、語調や表情に自ずと表れるものです。丸山兄から『ありがとう』と礼を言われると、やたらに嬉しくなり、『すまぬ』と言って頼まれると、何としてでも・・・・・・と思うのでした。丸山兄の言葉には、人に感激を与え、人を感動させる響きがこもっていたのでした。」
  敏雄は若き日から、入魂の言葉を発する人だった、という証言である。声や言葉には、人柄が正直に現れる。
  「声の澄みきった人、はっきりした人、言葉の朗らかな人は、健康であり、純情であります。ささやき、つぶやき、こそこそ話は、真人間の言葉ではありません。言葉を明瞭にする習慣だけは、どこの家庭でも是非ぜひつけていただきたい。これこそ、万人が幸福になることであり、民族が栄えるもとになるからであります」
  著作の中で、敏雄はこう述べている。
  「思ったことは素直に言う。思っても言わなければ相手には通じない。それは感謝の時に限らない。どんな場合でも本音を隠して、言葉に出さなければ誠意に欠ける。表現には十分気をつけなければいけないが、何事もあっさりと明るく口に出せる素直さがほしい」