1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


13 職業が天職になっているか

  自分の仕事を誇りに思えない人は不幸だ。
  「今」を全うできなければ、適職など見つからない。
  あなたの意識はどの程度のものか、考えてみよう

  東京でパンの製造販売業を営んでいた内田浜男が、丸山敏雄を訪ね、商売の心得について指導を受けたのは、昭和23年のことだった。言われたのは、次の五ヵ条である。

  1. 穀物を大切にすること。
  2. 水を大切にすること。
  3. 火を大切にすること。
  4. どんなお客様も別け隔てなく接すること。
  5. パン製造販売業を天職と心得ること。

  一見して、当たり前のことばかりである。だが、いざ実行となると、なかなか難しい。
  穀物や水や火を「大切にする」とはどういうことか。無駄にしないというだけでよいのだろうか。もっと大切にするにはどうしたらよいのか、いろいろ考え込んでしまう。
顧客を別け隔てしないというのも、容易にはできない。たくさん買い物をしてくれるお得意様には愛想よくするが、たまにしか来ないお客や、少ししか買わないお客には、つい心がこもらなくなる。
  内田は、ハッと気がついた。1から4までがもしもなかったら商売が成り立たないではないか。これらは与えられ、恵まれたものである。自分一人の力でどうにかなるものでもない。
  「商売は自分や子供のためにやるのではない。世の中の人々に、感謝のしるしとしてやるのだ」という敏雄の教えが身にしみた。
  そういう気持ちになってみると、五つ目の教えが、光を放つように思えた。この職業自体が、天から与えられた崇高な使命なのだと。
  <パンの製造販売こそが自分の天職である>
  一種の悟りといってもよい。粉や水や火と使わせてもらうことが有り難く、お客様は誰であっても、心からお礼が言えるようになった。自分のものは何もない、すべてが天からの贈り物なのだと思えた。そんな人が成功しないはずはない。
  「天職」という言葉を、最近あまり聞かない。敏雄はこう述べている。
  「『はたらき』の目標が決まり、軌道に乗った、これを『職業』と言う。職業がその意義に徹し、これを楽しむとき、これを『天職』と言う」
  仕事を変えるのがいけないわけではない。ただし、いま現在の自分に与えられている仕事を天職と思えない人が、これからもっとふさわしい仕事と出会えるのかどうか。職業そのものに貴賤の別はない。自分の思いが、その仕事を貴くも賤しくもする。
  その昔、琵琶湖を望む近江の地は、農産物が豊かだった上に、交通の要所に位置したことから、商業のメッカとなった。商人は、全国に進出して成功した。彼ら近江商人の活躍によって、日本の「商道」が築かれた。その基本は「先義後利」、すなわち利益は後のことで、正しい生き方が先だとする。『論語』の「利を見ては義を思え」という道徳が、商いの基本とされたのである。
  日本のビジネスは非常に高いレベルにあったのだ。それが、今はどうしたことか。商道徳の荒廃は目を覆うばかりである。不正をおかして得た利益は、長い目で見れば決して身につかない。人の道に外れた商いは、長続きしない。