1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


11 掃除は、最も簡単な修行法

  人は美しさを求めてやまない。
  環境を美しくする掃除は、小我を捨てて大我に生きる、
  きわめて日常的な修行なのだ。

  掃除が行き届いている店舗やオフィスは、働く人たちの気持ちが違う。明るく、朗らかで、喜びに満ちて、はずみがある。自ずとお客様も寄ってくる。
  そこまでは、多少は想像がつくことかもしれない。しかし、それだけではない。掃除を徹底すると、もっとすごいことまで起きてくる。その証拠に、経営者の間で、掃除が静かなブームともなっている。
  ある社長は、朝一番に出社して、会社のトイレをピカピカに磨き始めた。たった一人で、黙々と続けた。従業員たちはただ横目で見ているだけだった。そのうち、まったく強制しないのに、一人、二人と手伝う者が現れてきた。床にモップをかける者、会社前の道路を掃く者、次第に数が増えてくる。会社は、業績が低迷し、倒産寸前だったというのに、たちまち好転、優良企業に変わってしまった。
  掃除をしている時に、大切なヒントが得られたとか、倉庫の整理、整頓、清掃を続けるうちに、在庫品が飛ぶように売れてしまった等々の経験は実に多い。
  なぜそのようなことが起きるのか。ポイントは、利害打算を超え、無心で掃除に取り組むことにある。黙々とやっていると、自分の内面が否応なく変わってくる。自分が変われば、変化は周囲に及ぶ。
  戦後間もない昭和21年の夏、丸山敏雄は、三菱重工業の深沢の社宅で管理人を務めていた。間もなく退職の予定だったのに、頼まれたわけでもないのに、掃除に汗を流していた。広い敷地を、毎日、くまなく掃除した。
  「国の再建のためには、学問をしているだけではいけない。身体を動かし、実践することだ」
  転居するまでの約4ヵ月間、徹底した実行ぶりだった。そして、ほどなく思いがけない転機が訪れた。敏雄の事業を支援しようという人が、突如として現れたのだ。
  敏雄は、掃除を「小我を捨てて大我に生きる実践道」と据えた。掃除は、禊ぎ、祓えとして、心身を清浄にし、わがままを除く平易な実践と考えたのである。
  自分が生活し、仕事をする場をまごころ込めて清めることで、同時に自分自身の心を清める。すると、何かが変わってくる。
  「覆水盆に返らず」ということわざがある。こぼれ落ちてしまった水は、もはや元の盆に戻すことができない。確かにその通りかもしれない。一方で、田畑は放置すれば、草野となって荒れ果てるが、人間の手が加われば、豊かな実りを結ぶようになる。
  荷物が積み上げられ、何やらゴタゴタとしている会社や店がある。いつからそうなっているのか、雑然としていて、うっすらと埃もたまっている。故障して使えなくなったOA機器、段ボールの山、何年も手がつけられた形跡のない書類の束、ゴミやガラクタ・・・・・・。たいがいは、問題が多く、うまくいっていない。
  生活の場が汚れ、散らかっていれば、心も荒んでくる。毎日、手入れをしてきれいに片づければ、清々しくなってくる。そして豊かな実りも生まれる。