1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


10 物の見方を変えるユーモア

  押してダメなら引いてみる。
  正面がダメなら裏へ行く。
  当たり前に思えることでも、ちょっと見方を変えるとよい。
  実に新鮮に見え、面白くなってくる。
  固い頭では、新しい発想は浮ばない。

  大雪の降った朝、気をつけて歩こうとすればするほど、革靴はすべり、したたかに腰を打つはめになる。困難は、避けようとすればするほどついて回るもの。
  そんな時、くさりきった気持ちになれば、神経はますます過敏になり、気持ちは暗くなる。災難はますます増えてくる。
  大阪弁には、「泣いている暇があったら、笑ろてこまして生きようやないか」という言葉がある。しんどい時こそ、尻についた雪を払い、何事もなかったかのように、笑って出勤しよう。
  にっちもさっちもいかない時には、その場面から一歩離れて、自分を見つめ直してみると、<何でこんな事に、いつまでもクヨクヨしていたんだ>と笑ってしまう。ふっと、解放されたような気持ちになる。
  敏雄は、講演では、難解なテーマの時も、たびたび聴衆を笑わせて、話を進めていた。宴会などで乞われれば、喜んで芸を披露した。昭和25年5月5日の誕生日には、苦手な剣舞を舞って、集まった人びとを楽しませた。和やかな家庭をつくるためにも、笑いやユーモアを生活に取り入れるように勧めた。
  ある日、愛弟子の一人が彼の自宅を訪れた。寡黙(かもく)で有名な人物であった。敏雄は共に食事をしながら、こう言った。
  「ユーモアの一つぐらい言って、食べるのが良いですよ。黙ってニラメッコばかりしているようでは、いけません。せめて食事の時ぐらいは、夫婦・親子が談笑しながら過ごすようにね」
  家庭や職場にも、誰かの笑い声が聞こえたりするとホッとさせられる。自分も相手も緊張感がほぐれ、雰囲気が和んでくる。
  そんな時、会話がはずみ、うまい具合に良いアイデアがパッと閃(ひらめ)く。「緩急自在」の「緩」をつくる、それがユーモアだ。「急」ばかりでは肩に力が入って、かえって失敗する。
  大きな仕事を成し遂げようとする時、情熱を燃やすことは大切だ。しかし、夜も眠れないほどに激憤していては、体もまいってしまう。適度なリラックスが、ぜひとも必要である。
  ウイットに富んだユーモアを心がけると、頭の回転も速くなり、心身がリフレッシュされる。
  笑いとは、「安心」である。笑いには、心にとっての毒、つまり心配、不安、怒りなどを浄化する作用がある。
  良いユーモアとは、懐の深い、安心を与えるひと言である。個々人の持っている不安や強迫を一つ一つ取り除く優しさの贈り物だ。
  がん患者に、落語を聴いてもらうと、治療効果が上がるという。落語を習う医師も実際にいる。
  笑いは、精神のバランスを取り戻す妙薬である。やがて本来の「明朗」を取り戻せば、病気も災難も根こそぎ吹き飛ばしてしまえる。1日1回はジョークを放ち、笑顔の種をまこう。