1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


9 即断即決の仕事法

  ウジウジして手をつけない。
  手をつけてもイヤイヤやる、ダラダラやる。
  それではダメだ。
  今、ここで、自分がやらねば誰がやる。

  いつも仕事に追われているサラリーマンがいる。月末になると、「やることが多すぎて」とぼやいている。そういう状況に追い込んだのは自分自身であることには気づいていない。
  どんな仕事でも、こちらから積極的に追いかけている時は、簡単に片付き、順序よくはかどる。その上楽しい。当たり前のことが、実際にはできない人が多い。なぜできないのだろう。
  丸山敏雄が、戦時中、三菱重工業の常務である原耕三を訪ねたことがあった。やがて社長にという呼び声の高かった人である。僅か10分足らずの時間を共にしただけであったが、敏雄はその仕事ぶりに目を見張った。
  「書類が来るとただちにこれを左右に決裁し、手紙が来ればたちまち読み下して、即時命ずべきは命じ、求むべきは求めて、時をおかぬ。他の面会人でも、簡単なのは、途中で用を聞く。まるで『裁決流るるがごとし』とはこんな方であろう。妥協もなし、遅延もない」
  敏雄は、原の部屋を訪れるたびに「高い教訓をひしひしと身につけて退いた」と述べている。原耕三こそ、敏雄自身が、日頃提唱している「気づいたらすぐする」という哲理の実践者であった。
  敏雄が宗教的修行に専念していた頃、恩師によって教えられたのは、「悟ると共に働かせよ」ということであった。気がついたら、少しの猶予もおかずに、すぐにしてしまえ、というのである。
  恩師は、気がつきながら捨てているような場面を見ると、われ鐘のような大声でどなりつけた。
  「手紙は即刻に書け、返事を明日に延ばすな。先方についたら額にされるものと思うて、念入りに書け。書いたらすぐポストに入れておけ。手紙は手に持って行け、ポケットに入れるな、二日も三日も忘れるぞ」
  最も力をそそいだ実践は、朝起きであった。目が覚めたらその瞬間、サッと起きる。床を蹴って、サッと起き上がる。それから時計を見る。
  「人の目というものは必要な時に覚めるものだ。それで起きようとすればいつでも起きられるものだ、時計よりか人の目の方が正確だ・・・・・・」
  仕事を追う生活に切り替えるには、朝目が覚めたら、すぐ起きる習慣を身につけることだ。
  朝起きを続けていると、さまざまなことが、その時々に片づけられていく。気がついたその瞬間、その時こそ、その仕事を成し遂げるのに一番よい時、最良のコンディションにあることが、わかるようになる。
  いつも仕事に追われている人は、「今日はだめだ、今日は都合が悪い」と、できるだけ延ばそうとする。こういう人は、決まって朝、布団の中でぐずぐずしている。敏雄はこう述べている。
  「あの事をしようと思ったら、すぐする。あの人を訪ねようと考えついた人は、すぐ訪ねる。あれは止めようと気づいたことは、すぐ止める。それで、頭の中にもやもやと残るものがない、し残してまだできぬ仕事がない、気にかかって忘れられぬ人がなくなる。常に明朗である」
  まず、目が覚めたらすぐ起きることから取り組んでいこう。仕事を追う人だけが人生の勝利者となれる。