1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


6 出足を早く、引き足を早く

  なかなか手をつけない、またいつまでも終わらない。
  それは、心に不平と不満、そして不安があるからだ。
  「早く始めて、さっと終わる」習慣を身につければ、
  頭の中はスッキリして、身も心も明るくなる。

  出足とは、出発であり、取り掛かりである。引き足とは、引き上げることであり、終了である。
  敏雄は、「出足を早く、引き足を早く」を自身で実行し、周囲にも勧めた。その効用を自著の中で、「これは世渡りの秘法である」とも述べている。
  スポーツの世界では、スタートが重んじられる。相撲では、立ち上がりの一瞬でほとんど勝負が決まる。
  「先手は勝つ手」、「先んずれば人を制す」と言われる通り、一足早い出発は、成功の第一条件といってよい。
  敏雄は、早朝、目が覚めると、パッとはね起きて、速やかに着替えを行なった。その後は、読書や論文の執筆、書道など、一貫して勉学の時間にあてた。一般の人々が朝起きる頃までには、一日の仕事を大方片付けてしまった。すると、「日中の仕事も意外に順序よく運び、能率がますます上がるようになった」という。
  日々の生活において敏雄は、早い出発を自己に課した。会合や電車の発車時間などには、必ず5分前から10分前に目的地へ到着した。約束した時刻まで十分な余裕があるときには、古本屋に寄ったり、博物館や展覧会などに足を運んだりして時間を無駄にしなかった。「早く到着しすぎても、迷惑になろう」と先方の都合にも気を配り、早すぎず遅すぎない到着の模範を常に周囲に示した。約束の時間を厳守することがすべての決め事を守る基準になると、自覚していたからにほかならない。
  また、いろいろな締め切りや期日を厳守する秘訣は、早めにとりかかるところにある。明治時代の政治家であり、内相・外相をはじめ東京市長も務めた後藤新平は、「早いは良し、ちょうどよいは危うし」をモットーに、日常の雑事をテキパキとこなしつつ、大きな仕事を次々とものにした。
  早めの出発にもまして大切なことは、引き上げぶりだ。演説などでは、最初の第一声が大切である以上に、最後の結びがさらに肝要となる。
  出かけたときは、目的地へまっすぐに出向き、目的の用件が済めば、道草をしたり、あちこちへ寄ったりせず、まっすぐに帰るのが望ましい。大切な場面ほど、まっすぐに「直行」し、まっすぐ「直帰」することを心がけたい。
  昭和26年夏の夕方、敏雄は、東京日本橋に出かけた弟子の一人である福浦豊水に火急のメモを届けるよう使いを申し付けた。その際、「大切な用件のときは、寄り道をしないで、まっすぐに行って、まっすぐに帰るものだよ」と付け加えた。
  用件を果たすのは急ぐべきだが、終えた後のことまではあまり気にしない。だが、敏雄は、最後まで仕事を完結させることを重視した。
  朝のスタートを切るとき、さわやかに、さっと、朗らかに家を出発すると、一日が快い。そして、職場に少しでも早く入り、清掃や机の整理整頓をしてから仕事の準備をすれば、その日の計画が順調に進み、能率が上がる。日中は力いっぱいに働き、使った道具や機械に感謝しつつ後始末をして、愛情と敬意を職場に込めてさっと引き上げたい。
  一日は、誰にでも平等に24時間が与えられている。
  早い出足と早い引き足を心がけ、時間を正しく守ることによって、一つ一つの物事の開始と終了に美しい切り目がつき、常に仕事を追うことができる。人生は一本勝負。日々の積み重ねによってこそ、見事に生き抜くことができる。