1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


5 手紙はすぐに書け

  思いを込めて書けば、心が通じる。
  たった一枚のハガキが、人を動かす。
  伝えたいことは、迷わず一筆したためて、投函しよう。

  敏雄が生涯に出した手紙は膨大な数にのぼる。そのほとんどが、今も送られた人々の手元に残されている。
  「先生のお手紙を拝見しますと、10年前のものでも向かいあってお話をしているように、身近に息吹を感じるのでございます」
  「先生のお手紙からは声が聞こえます。お姿が見えます」
  敏雄を師と慕う人たちは、手紙を通して心の絆を感じている。
  手紙は一体何のために書くのか。心を文章に表し、自分の代理として用を足すのである。だから、敏雄は一通一通の手紙に心血を注いだ。
  「すぐに書け。書いたらすぐポストに入れておけ。ポケットに入れるな、2日も3日も忘れるぞ。先方に着いたら額にされると思って念入りに書け」
  ということを生活信条とした。
  なぜ、すぐに書いたのか。
  「手紙はお互いの談話ですから、気がついた時にはすぐに書き、返事は受け取った時すぐに書かなければ意味をなしません。人と対話している時、言うことはその時言わねば間に合いませんし、人に話し掛けられて3日も4日も1週間もしてから返事をしたのではね・・・・・・」
  手紙を書く時、敏雄は次のような配慮をした。

  わかりやすく書くこと

直筆の手紙
  • 文字を読みやすく
  • 簡単に
  • 明確に

  礼儀正しく書くこと

  • 至誠を込めて
  • 相手に適するように
  • 昔からの形式に従う

  はやく書くこと

  • 文字を美しく
  • 普通の崩し文字、すなわち草書を十分に知っておく

  蛤(はまぐり)をもらった礼状には、「首がきりりとうしろに廻るほど、おいしく頂戴いたしました」と、そのおいしさを表現した。
  消息不明だった知人の所在がわかった時には、「子供さんも奥さんも皆無事とのこと。どんなにどんなに心配したことか。方々たずねあぐねて、やっとわかった。ああよかった」とハガキを出した。
  こんな例がある。淡路島に住む人が、毎年、友人の誕生日に忘れずにハガキを出していた。友人の誕生日は、1月下旬。阪神淡路大震災が起きた平成7年。友人宅には、この年も変わらずハガキが届いた。
  「お誕生日おめでとうございます。わが家はたいした被害はありませんでしたが、今、生きていて本当に良かったと思います。お元気でお過ごしください」
  大災害の直後も、淡々とした心遣いを忘れない優しさ。ハガキを受け取った友人は、大いに感動した。そして、俄然世の中の役に立つことがしたくなり、ボランティア活動に打ち込むようになった。
  会話の場合は、電話であろうと、直接対面であろうと、言葉としての音は消えて後に残らない。しかし、手紙の文章は「形」としていつまでも手元に残る。1通の手紙は、繰り返し読まれて時に人を励まし、力を与える。