1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


3 よい結果は、準備次第

  できない、難しい。
  よくよく見ると実は、何もやっていないということがほとんどである。
  やらなければできるようになるはずがない。
  やるのは1日1回でよいのだ。

  熊本市に在住した藤田幸子は、目が覚めたらサッと起きる朝起きが苦手で続かなかった。ある時、丸山敏雄に物事が終始一貫できる秘訣を質問した。
  「終始一貫とは、明日の朝ひと朝でいいんですよ。あなたは終始一貫を何十年と思っている。人間、明日もわからないのです。よけいな取り越し苦労をしないで、“明日の朝ひと朝”が、終始一貫なのです」
  彼女はこれを聞き、「ああ、それなら出来るかも・・・・・・。ひと朝ぐらいなら出来る」と思った。
  「いつもそういう気持ちでいれば、ちゃんとできます」
  さらにそう言われて、気持ちが軽くなった。その後、一貫して朝起きができる人になった。
  敏雄は後に趣味の書道を活かし、「秋津書道院」を結成した。しかし、もともと書道が得意だったわけではない。小倉師範学校の学生時代、必修の書道に赤点一歩手前の成績を食らってしまった。
  そこで書道担当の師を訪ね、上達の方法を質問した。師は「1日に10枚清書せよ」と助言した。敏雄は<先生が10枚と言われたのだから、私は12枚清書して、先生の教えに応えよう>と決心した。やがて100点満点をもらうに至った。書道は死ぬまで学び続けた。
  「私は書道を勉強し始めた17歳の頃から、1日1回必ず筆を持つことを実行し、人にも勧めている」
  敏雄は後にこう書いている。敏雄は書道を通して、一貫の大切さを体得したのだ。一貫し続けたのは、書道ばかりではない。41歳の6月から亡くなるまでの18年6ヵ月の間に、約6,500首余りという膨大な短歌を詠んでいる。ほぼ1日1首である。少年時代に書き始めた日記は、亡くなる日まで書き続けた。
  膨大な原稿執筆と講演をこなし、敏雄を慕う多くの人たちの相談にのり、後継者を育成する合間を縫っての実践であった。難行苦行ではなく、楽しいことでもあった。
  江戸時代、盲目の学者・塙(はなわ)保己一は『群書類従(ぐんしょるいじゅう)』の編纂を志した。そしてその大事業を成就するため、「般若心経」を百万遍読誦する願を立てた。41年間という年月を費やして、遂に完成させた時、百万遍読誦を2回繰り返していたのであった。
  人間の能力に大差はない。1日24時間という時間と、この体一つという条件は、誰にでも平等に与えられた条件である。できないことは、誰にもできない。誰にでもやれることしかできないのである。
  階段の多さに呆然として、登り始めなかったら、いつまでも頂上にはたどり着かない。足下を見ながら一歩一歩登っていけば、いつの間にか目的地に到着している。
  大きなステーキを一口で食べる人はいない。小さく切り分けて、誰でも一口ずつ食べているではないか。
  「1日1回」繰り返すこと、それが上達の秘法であり、成功の秘訣であることは、日本人の民族体験である。
  地球が1度回る、その間に1度繰り返す。それは、大自然とリズムを合わせること、大宇宙と呼吸を合わせることになる。この境地に立ったとき、大きな力が湧いてくる。