1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


2 挨拶は人を動かす

  挨拶は人と人、心と心を結ぶ「金の鎖」である。
  「おはよう」の一言に、自分が見事に表れる。
  日常の当たり前の行為に、じっくり磨きをかけたい。

  「近頃の若者は、ろくに挨拶もできん。けしからん」
  そう思う人は多い。だが、本当は気持ちはあるのだけれども、やり方がわからないのかもしれない。
  挨拶は、人間が生み出した文化であって、基本の型というものがある。日本人の挨拶は多くはお辞儀を伴う。そして、「おはよう」「こんにちは」「さようなら」「おやすみなさい」といった言葉をかける。ぎこちなくとも、型に心を込めて実行することが大切だ。心がこもったかどうかで、さまざまな挨拶が生まれる。ぶっきらぼうでかえって不愉快になる挨拶。逆に、美しくいつまでも胸にしみこむような挨拶・・・・・・。
  「挨」は押す、「拶」は迫るという意味で、「押し合いながら前に進む」ことを言う。せっかくする挨拶であれば、相手の心に触れるつもりで交わしてみたい。
  昭和24年10月、九州の大牟田から上京した山口救は、丸山敏雄の住まいを訪ねた。初めて見る大東京は、何もかもがハイカラだった。わが身のむさくるしさが、いささか気恥ずかしい思いで、玄関に入った。
  「ただいま、着きました」
  打って返すように奥から声が響いた。
  「ようく来ましたね、山口さん。遠いところ、よく来ました。わたしは、あなたを他人と思っておらぬから、我が家に帰ったと思って、ゆっくりするのですよ」
  純朴な山口は感激の涙にむせんだ。何もかもが消し飛んだ。
  翌日は、敏雄が生活改善運動を推進する「新世会」の総会が開かれ、祝宴が行なわれた。それに出席するため、山口は上京してきたのである。帰りの国電の中で、山口は敏雄の隣席に座った。会友たちも同じ車両に乗っている。しばらくして山口は驚いた。
  電車が駅に着くと、そこで降りる会友のために、敏雄はいちいち席を立ち、ドアのところまで行って、こう言っていたのだ。
  「今日は、大変ご苦労でしたね。本当にご苦労さまでした。ゆっくりお休みになってください」
  ドアが閉まり、電車が発車しても、じっと戸口のところに立ち、降りた人たちの姿が見えなくなるまで手を振っている。駅に着くたびにこれが繰り返される。
  山口は考え込んでしまった。
  <なぜ、あのようなことができるのだろう。ふだん、どのようにしていれば、あのような態度ができるのか。自分の方が偉そうではないか。これは大変なことになった>
  九州へ帰った山口は、早速、挨拶をまねた。見かけだけかもしれないと思いつつ、やり続けた。するといつの間にか、勉強に来る会友の数が確実に増えてきた。
  挨拶はごく当たり前の生活習慣である。だが、ものの見事に人間性が表れる。どんな挨拶ができるかは、人間を計るバロメーターである。
  どんなに忙しくても、数秒ですむ挨拶ができぬ、という法はない。心を込めて何かが失われるものでもない。やれば自分が気持ちよくなり、他人も幸せにする。挨拶という入口から己に磨きをかけてみたらどうだろうか。