1.   1. 朝起きはすべての基本
  2.   2. 挨拶は人を動かす
  3.   3. よい結果は、準備次第
  4.   4. 一日、一回でよい
  5.   5. 手紙はすぐに書け
  6.   6. 出足を早く、引き足を早く
  7.   7. 人を感動させる話し方
  8.   8. 喜んで支払えば、お金は...
  9.   9. 即断即決の仕事法
  10. 10. 物の見方を変えるユーモア
  11. 11. 掃除は、最も簡単な修行法
  12. 12. エイッと明朗な心に切り替...
  13. 13. 職業が天職になっているか
  14. 14. 本気なら言葉に出して言う
  15. 15. 徹底的に見る
  16. 16. 「後始末」の習慣は世界を...
  17. 17. 日記で自分を成長させる
  18. 18. 労働でなく喜働でなければ...
  19. 19. 質素な生活は視野を広げ...
  20. 20. 理屈抜きに実験する
  21. 21. 事が済んだ後の心得
  22. 22. 心に空所を持つ
  23. 23. かけがえのない一瞬として...
  24. 24. 人を変えるよりも自分を改...
  25. 25. 思いやりが人の心を動かす
  26. 26. 妥協なき愛で叱る
  27. 27. 心の底から聴く
  28. 28. 人間、謙虚が第一
  29. 29. どんなことでも命がけでやれ
  30. 30. 姿勢を正せば、心境も正さ...
  31. 31. 洗面・入浴にも人柄が現れ...
  32. 32. 感謝の心なくして健康はない
  33. 33. 男は機関車のように生きよ
  34. 34. 女はゴムマリのように生きよ
  35. 35. 泣きたいときには泣け
  36. 36. 雨を喜ぶ
  37. 37. 大自然の立場に立つ
  38. 38. 教えは天地に満ちている
  39. 39. 気づいたらすぐする
  40. 40. 自分の根源は太陽にある
  41. 41. 断固たる決心が道を開く
  42. 42. 拝む形の大切さ

丸山敏雄の発見した、幸せになる生活法則


1. 朝起きはすべての基本

  朝起きて、最低の顔をしていないか。
  1日に1度かならず目が覚める。
  目が覚めるということは、生きていることの証。
  ああ、今日も生きていてよかったと、機嫌よく起きるのが本当だ。

  自分を変えたい、生まれ変わりたい、心を入れ替えたい、成長したい、そう考える人は実に多い。書店に行くと、自己啓発の書籍がずらりと並ぶ。宗教書も需要に応えて洪水のように並ぶ。セミナーに参加したり、修行に励む人もいる。確かに自分を根本から作り直したいとなれば、大仕事である。
  では、根本とは何なのか。それは、「自分とはそもそも何か」を考えることから始めなくてはならない。自分とは、底知れない、奥深いところに本質があって・・・・・・と突き詰めていくと、きりがない。
  インドの僧・達磨(だるま)が中国にやってきた時に、慧可(えか)という青年が訪ねてきた。
  「どうか私の心を落ち着かせてください」
  達磨は、答えた。
  「その不安な心をここに持ってきなさい。落ち着かせてあげよう」
  慧可は一晩懸命に考えたが、翌朝になり、こう言うしかなかった。
  「不安な心を探しましたが、とらえることができませんでした」
  達磨は言った。
  「とらえることのできぬ心が君の心なのだ。私はすでに君の心を落ち着かせてあげたよ」
  自分の根本などというと、かえってわからなくなる。この達磨と慧可の問答は、自分を変えるということについて核心的なことを教える。つまり、根本とはどこか遠くにあるのではない。自分の日々の生活を構成する一コマ、一コマが自分のすべてである。その一つずつを変えれば、自分は自ずと変わる。
  ではどうしたらよいか。最も効果的なのが、朝サッと起きることである。丸山敏雄は、人間の再建は朝起きにある、と断言した。人間が、他の動物と違って、いろいろな不幸に出会うその元は全部わがまま、気ままの心にある。そして、このわがままは、何よりもまず、朝寝から始まる。
  気がついても何もしない。やらねばと思っても先延ばしにする。今できない理由はないのに、延期する。これが癖になり、強情となり、ズボラを決め込み、不純な心のにごりが沈殿し、堆積していく。そうした悪い習慣の大本が、朝寝なのである。朝、目が覚めるのは、気づきの根本である。

気づいた時――それはその事を処理する最高のチャンスである。それをのばせば、次第に条件がわるくなる。事情の最も高潮に達した時、その波動(うごき)が、人の脳に伝わって気がつくようになっている。(『万人幸福の栞』)

  敏雄は明け方、目が覚めると布団の上に、ためらうことなくすっと立ったと、孫のように可愛がられた初子は言う。
  弟子の青山一真が、なかなか喜んで朝起きができないことを敏雄に相談したことがあった。敏雄は、さも愉快そうに笑いながらこう言った。
  「そうかね、そんなに朝起きることが喜べんかね!  ハッハッハッハッハッ」
  早起きがどうしたらできるか、こう書いている。

早起きの秘訣?  そんなものがあるものですか、ただ「やればできる」のです。「さあ明朝から早く起きるぞ」ときめて起きたらよいのです。(『清き耳』)

  よいことを始めるのにグズグズする必要はない。明朝から始めよう。